ブログけんさくで本当のブログを紹介。役に立つブログが見つからなければブログけんさくで

スポンサードリンク

前年のチリ大地震の被災地となったチリ中部で11日、2度の強い地震が相次いで発生し、パニック状態になった住民らが避難した。

 チリ緊急災害対策庁(ONEMI)と米地質調査所(US Geological Survey、USGS)によると、1回目の地震は現地時間11日午後4時5分(日本時間12日午前5時5分)に発生し、地震の大きさを示すマグニチュード(M)は6.8、震源はチリのコンセプシオン(Concepcion)沖約70キロ。2回目の地震はM6.3で同午後6時39分(日本時間12日午前9時39分)に発生、震源はコンセプシオンの南西55キロだった。

チリでは鉱山事故で話題となったが、元々地震が多い国だけに今後に注意が必要だと思われます。
posted by ブログけんさく at 13:06 | 気になるニュース


超過手荷物の料金くらい払えばいいのにと思うのですが、超過手荷物は会社によってはバラバラともいえます。
そこで今回の問題が、超過手荷物料金の支払いを拒んだベルギー人学生らを機内から追い出したことで話題となったアイルランドの格安航空会社ライアンエア(Ryanair)が10日、ユーチューブ(YouTube)上の、スーツケースの上手な詰め方を指南した動画を紹介した。

 同社はホームページ上で、「ベルギー人学生たちへのオンライン・レッスン」なるニュースリリースを発表。「ベルギーの学生グループの危険で許しがたい行為に接した当社は、オンライン・チュートリアルを実施すると同時に、ベルギーの全大学に対し、履修科目に荷物の詰め方も含めるよう要請する」と皮肉たっぷりに述べ、動画へのリンクを掲載した。

 動画では、1人の若者が、2週間の休暇に出かける設定で、大量の服などをキャリーバッグの中に手際よく詰め、10キロ内に収めている。
収めていても大きさはどうだったのだろうと思う。
posted by ブログけんさく at 09:20 | 気になるニュース

遅すぎなのでは?まだしてなかったのと思う中国漁船衝突事故での損害賠償請求。
2010年9月に起きた尖閣諸島沖の漁船衝突事件で、海上保安庁は損傷した巡視船の修理代などとして、中国人船長に1429万円の損害賠償を請求したことを明らかにした。

 船長は公務執行妨害容疑で逮捕された後、処分保留で釈放されて帰国し、起訴猶予処分となっている。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 12:06 | 気になるニュース

iPadが出て約一年で新モデルが登場したらしい。従来よりメモリー増幅と製品自体を薄く仕上げたらしい。
最初からメモリーを変えれるようにすれば良いと思うのですが、最初からできなかったのが残念。
米紙ウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal)は、関係者からの情報として米アップル(Apple)が次世代iPad(アイパッド)の生産を開始したと報じた。

 同紙によると第2世代となるiPadの次世代機は、現行機より薄くなる一方でメモリーを増やしたほか、アップルのスマートフォンiPhone4と同様のテレビ会議機能などに使えるカメラが本体前面に付いているという。アップルは、iPadは前年4月の発売8か月間で1500万台近くが売れたと発表している。

メモリーは最初からわかっていてほしいものですね。
あまり有意義な機能がないのが残念でならない。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 17:31 | 気になるニュース


やっぱり出ました!iPadより優れていると思われる端末が!
それはヒューレットパッカードの新作端末「TouchPad」です。
iPadでは使えなかったFlashが標準で使える。また電話機能なども装備。価格は未定ですが優れている商品と言えるでしょう。Flashは少ない容量でビジュアル的や端末の性能にあまり左右されず機能すると言われていますが、その実力は未知数と言われています。

やっぱりいいものはチョット後から発表されるから、面白いですね。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 12:03 | 気になるニュース

カナダ出身のポップ歌手ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)を追ったドキュメンタリー映画『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー(Justin Bieber: Never Say Never)』のプレミア上映会が2011年2月8日に行われました。

ジャスティン・ビーバー(Justin Drew Bieber、1994年3月1日生まれ)は、カナダのポップスシンガー。彼は動画共有サイトYouTubeにおいて歌手活動を展開していたが、その活躍をソーソーデフ・レコーディングス社の前マーケティング担当役員スクーター・ブラウンに見出される。ブラウンはR&B歌手アッシャーとの面談を仲立ちした。彼はその面談の後すぐにアイランド・レコードとの契約を取り付けた。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 10:44 | 気になるニュース

日本の企業は中国依存を即刻やめた方が良いのでは?
中国では物価高で、中国国内の食料も不足している状態ですし、不動産も過渡期に差し掛かっている。人件費を安く抑えることができるが、この物価高でいつエジプトのようなデモが起きるか・・・。
おまけにレアアースを海外に、すずめの涙ほど小分けに輸出するとしたら・・・。
と言うわけでレアアースのお話ですが、ハイテク製品の製造などに不可欠なレアアース(希土類)への影響力を高めようと中国が戦略的備蓄を始めたと7日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal、WSJ)が報じた。

 WSJによると、北部内モンゴル自治区(Inner Mongolia)に、中国の前年の年間輸出量3万9813トンを超えるレアアースを貯蔵できる施設がこの数か月で建造された。しかし戦略的備蓄の詳細は非公開にされているという。

 中国は世界供給量の95%を生産するレアアース市場に強い影響力を持っている。また、米地質調査所(US Geological Survey、USGS)によると、中国のレアアース埋蔵量は世界の36%に上る。

■相次ぐレアアース規制

 中国は前月、レアアース鉱山11か所を政府の管理下に置いた。この影響でレアアースの価格が上昇する可能性があると専門家はみている。

 また前年12月には、2011年上半期の海外輸出量を35%削減し、輸出関税も引き上げることを決定した。

 さらに現地紙Huaxia Timesによると、レアアースの抽出や加工に携わる中国企業トップ90社が参加する協会が設立され、5月から活動を開始する予定だという。
posted by ブログけんさく at 00:16 | 気になるニュース

日産自動車(Nissan Motor)が2011年2月9日発表した2010年度第3四半期(10〜12月)連結決算は、純利益が前年同期比78%増の801億円を計上した。アジアおよび中国での販売が好調で、円高や国内販売の低迷などのマイナス面が相殺された形だ。

 2010年度第3四半期累計(4〜12月)の純利益は、前年比434.5%増の2884億円と大幅な増益となった。あわせて、日産自動車は11年3月期の純利益を当初予想の2700億円から3150億円に上方修正した。

ECOカーブームのおかげですね。
電気自動車が安くなればまだまだいけそうな気がします。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 22:58 | 気になるニュース


意外と北海道の方は、見に行く様で行かないさっぽろ雪まつりですが、見に行かれましたか?
これからの方も、行く予定もない方もいらっしゃると思いますが、知っているといい事あるかも!
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 20:25 | 気になるニュース

スマートフォンじゃなくて良かったーと思う方も多いと思います。
このことを知ると、大丈夫かな本当に。
と申しますのは、米インターネット・セキュリティーソフト大手のマカフィー(McAfee)は8日、2010年第4四半期(10-12月)に発生したコンピュータへの脅威をまとめた報告書「McAfee Threats Report」を発表し、スマートフォン(多機能携帯電話)がハッカーやスパマー(大量迷惑メールの送信者)の標的となる傾向が強まっていると警告した。悪意のあるソフトウエア、通称「マルウェア」の数は、前年同期比で46%も増加した。

 スマートフォンやタブレット型PCの人気拡大に伴い、こうした携帯端末への脅威は着実に増加しており、マカフィー・ラボ(McAfee Labs)のシニアバイスプレジデント、ビンセント・ウィーファー(Vincent Weafer)氏は、「最小限の努力で最大限のダメージを与えたいサイバー犯罪者は、人気の高い端末は何なのか、常に注視している」と話す。

 さらに、報告書は同期における「最も重大な脅威」として、アンドロイド(Android)OSを搭載したスマートフォンを標的とした新型ウイルス「Geinimi」(ゲイニミ)を挙げた。このウイルスは、正規のゲームアプリケーションに紛れ込んで、アンドロイド搭載スマートフォンに入り込むのが特徴だ。

 近年では、PCや携帯端末だけでなく、テレビもネットに接続されるようになったことから、インターネットでの検索結果を改ざんして、マルウェアを仕掛けたウェブサイトに誘導するという手口も横行しているという。
  
 また、米アドビシステムズ(Adobe Systems)の動画向けソフトウェア、フラッシュ(Flash)や PDF編集ソフトウェア、アクロバット(Acrobat)が、明らかにマルウェアの餌食として狙われていると、報告書は警告している。

 その一方で、良いニュースもあった。同じ時期のスパムメール発生量は、直近の3年間で最低レベルだった。
posted by ブログけんさく at 16:41 | 気になるニュース
  • プラソニエ アクア毛穴クリーンですっきり小鼻
  • Rita ファンタスティック メイクブラシセット