ブログけんさくで本当のブログを紹介。役に立つブログが見つからなければブログけんさくで


大雪で悩まされているのは、日本だけではないようです。世界的に寒波の影響があり、ニューヨークでは1日に30cmもの雪が降るなど、被害が出ているようです。
公共機関は取りやめたり、学校なども休校の処置がされている模様なのです。

自然災害に無力なのが、もどかしいですね。

早く春になってもらいたいものです。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 08:55 | 気になるニュース

新婚旅行はもちろんパートナーと・・・。では、ない事態なんです。
それは、日本国内の話ではないのでご安心を!
事態はイタリアでの出来事なんです。

イタリアで、新婚旅行に姑(しゅうとめ)を連れてきた夫に嫌気が差した36歳の新妻が、結婚からわずか1か月で離婚を申請した。伊ANSA通信が2011年1月26日報じた。

 前年12月に結婚式を挙げた2人は、式の翌日、フランスへの新婚旅行に旅立とうとローマ(Rome)のフィウミチーノ(Fiumicino)国際空港に向かった。ところが、そこで妻はわが目を疑った。義母が旅行かばんを携えて待っていたのだ。

 妻に詰問された夫は、健康上の理由から「お母さんを独りにしておくことはできない」と主張。結局、3人で行く羽目になった女性は、帰国するとすぐさま離婚を申請した。「夫と義母の間の行きすぎた愛情」を理由に挙げているという。

いつまでも子供は子供としてみる姑さん。今後このような姑さん増えるのでしょうか?
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 16:21 | 気になるニュース

インターポールと言うと銭形のおやっさん?ルパン三世で有名なインターポールの刑事さんですね。
チュニジアと言うと今色々起きている国の一つですが、インターポールが国際指名手配をしているらしいです。
国際刑事警察機構(インターポール、Interpol)は2011年1月26日、チュニジア政府からの要請を受け、サウジアラビアに亡命したジン・アビディン・ベンアリ(Zine El Abidine Ben Ali)前チュニジア大統領を国際手配した。

 インターポールは、サウジアラビアを含む加盟国に対し、「ベンアリ氏およびその親族を捜索し、チュニジア政府から正式な身柄引き渡し要請があるまで身柄を勾留するよう」要請したことを明らかにした。

 チュニジア司法相によると、前大統領夫妻とその親族は、23年の強権体制の間に不正に資産を獲得したうえ、海外に資産を移した疑いがかけられている。

 ベンアリ前大統領は1月14日、政府に抗議するデモ隊と治安部隊との衝突が拡大したチュニジアからサウジアラビアに脱出した。国内では、前大統領の親族33人が逮捕されている。

 フランスとスイスは、前大統領が国内に保有する資産を凍結する方針だ。

 同司法相によると、前大統領の警備隊隊長および隊員5人は、前大統領の亡命後に暴力をふるった疑いで取り調べを受けている。

平和な日本でよかったです。

ルパン三世って本当にいるのかな?現実の世界で・・・。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 10:56 | 気になるニュース

現代社会は自動車なしでは生活できないとされていますが、道路周辺に住まいを持たれている方は、チョット注意が必要な様です。

道路を走る車の騒音にさらされると脳卒中のリスクが高まり、特に65歳以上の人でその傾向が強いという研究結果が、2011年1月26日の医学誌「ヨーロピアン・ハート・ジャーナル(European Heart Journal)」(オンライン版)に発表された。

 研究チームは、デンマークの首都コペンハーゲン(Copenhagen)市内および周辺で1993〜1997年の期間に行われた「食生活とがんと健康」の関連を探る調査に参加した5万1485人の病歴と居住歴を調べた。

 対象者のうち調査期間中に脳卒中を起こした人は1881人だった。そのうち全体の8%、65歳以上の人に限れば19%が交通騒音が影響したと考えられるという。論文の主著者であるデンマークがん協会のメッテ・ソレンセナ(Mette Sorensena)氏は「過去の研究で、交通騒音が高血圧や心臓発作と関連があることは示されていた。今回の研究で、交通騒音によって脳卒中のリスクも高まることが明らかになった」と語った。

 研究チームでは、騒音は睡眠を妨げて血圧と心拍数が上昇し、ストレスホルモンのレベルも高くなるためではないかとしている。

現在は脳ドックなど、脳の病気に対し早期発見できる環境にありますので、いち早い受診をするよう心がけたいものですね。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 14:12 | 気になるニュース

非常にタフでレフリーの非常に多いファールのホイッスルに悩まされた試合だった。

中東カタールで開催中のサッカー・アジアカップ(Asian Cup)は25日、準決勝2試合が行われ、日本は延長、PK戦の末に韓国を破り、決勝進出を決めた。オーストラリアはウズベキスタンに6-0と大勝した。

 日本対韓国は1-1で延長戦に入り、日本は延長前半、細貝萌(Hajime Hosogai)のゴールでリードするも、後半終了間際に追いつかれPK戦に突入。日本はGK川島永嗣(Eiji Kawashima)が好セーブを見せ、3-0で制し、決勝進出を決めた。
タグ:NEWS サッカー
posted by ブログけんさく at 09:39 | 気になるニュース


それにしても国を挙げてマナーを教えることは今まであったのでしょうか?

あるんです。それはお隣の国、中国。

交通マナーは悪いし、海外でのショッピングでのマナーも悪いと悪評が多いからなのか、中国は本気なのでしょうか?

中国政府は、マナーが悪い市民が多いことへの対策として、小学校から高等学校までの学校でマナー教育を義務化する。中国教育省が25日までにウェブサイトに掲載したマナー教育の指針で明らかになった。

 これによると、小学校では基本的な礼儀作法や年配者への敬意、食事マナーなどを教える。中学校では礼儀正しい会話の方法や、他人に対するていねいな対応、適切な服装、電話や電子メール、テキストメッセージなどでの礼儀正しい応対などを教え、高校では、ていねいな1対1の会話や身だしなみ、整然と列に並ぶことなどを教える。

 列の横入りや、つばをはく行為、ゴミのポイ捨てなどは中国でも行儀が悪いとされているものの、中国ではこの種の行為が多く見られる。北京(Beijing)市当局は2008年北京五輪の前にも市民のマナーを向上させようとさまざまな取り組みを行ったが、いまも北京だけでなく中国全土で昔と変わらない光景が続いている。

GDPは良くなってもマナーhは向上するのかが疑問。

もともとの体質は急には変えれそうなのでしょうか?
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 19:29 | 気になるニュース

歌手のマドンナ(Madonna)と娘ローデス(Lourdes)が手がけるファッションブランド「マテリアル・ガール(Material Girl)」が、新しいキャンペーンモデルにタレントのケリー・オズボーン(Kelly Osbourne)を起用すると報じられた。

 「マテリアル・ガール」は2010年、米ドラマ『ゴシップ・ガール(Gossip Girl)』で人気の女優/歌手のテイラー・モムセン(Taylor Momsen)をキャンペーンモデルに迎え展開をスタート。次のシーズンに向けて新たなキャンペーンモデルを探し、公式サイト上でファンからの推薦を募っていた。

 ケリーの親しい友人は英大衆紙サンデー・ミラー(Sunday Mirror)に「ケリーはずっとマドンナの大ファン。最近は、ローデスがケリーに憧れているという噂を聞いてとても喜んでいたわ。素晴らしいことよね!」とコメント。

日本でも販売するのでしょうか?
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 15:34 | 気になるニュース

コーヒー豆が高値で取引される昨今、尚拍車がかかりそうです。
大統領選の結果をめぐり混乱が続くコートジボワールで24日、国連(UN)などが正式な当選者として支持するアルサン・ワタラ(Alassane Ouattara)元首相が、同国のココアとコーヒーの輸出を1か月間停止する命令を出した。

 コートジボワールは世界一のカカオ豆の生産国。ワタラ氏事務所の声明によると、同国政府は24日から2月23日までココアとコーヒーの輸出を全面的に停止することを命じたという。

 コートジボワールでは、前年11月の大統領選挙後も、ローラン・バグボ(Laurent Gbagbo)氏が大統領辞任を拒否している。ワタラ氏の事務所は、禁輸措置に違反した生産者や輸出企業は「(バグボ氏の)正統性のない政権に財政支援」をしているとみなすとした。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 20:03 | 気になるニュース
2010年に静岡県で、118人にかみつき捕獲されたニホンザル「らっきー」が飼育されていた静岡県三島市の公園「楽寿園」から逃げ出した。
 らっきーは2011年1月24日午前7時ごろ、清掃中の飼育員の隙を見ておりから逃げ出した。飼育員は約5分前におりの中に入ったが、外扉と内扉の両方の施錠をせずに清掃を始めたという。楽寿園はこの日定休日だったそうです。
 らっきーは4〜5歳の雌で、逃走された楽寿園は臨時休園するかしないかを検討中とのこと。

なんとも人騒がせなお猿さんですね。

かみつきザルの画像
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 14:08 | 気になるニュース

札幌雪祭りの雪像は被り物はしませんが、ドイツでは毛糸の帽子をかぶっているとか。
ドイツ南部オフテルシュワング(Ofterschwang)に、ニット帽をかぶった巨大な雪の像が出現した。このニット帽は、アンドレアス・ハッゲンミューラー(Andreas Haggenmueller)さんが200時間かけて手編みしたもの。直径は3メートル、重さは50キロもある。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 12:17 | 気になるニュース