ブログけんさくで本当のブログを紹介。役に立つブログが見つからなければブログけんさくで

スポンサードリンク

中国は地道に北朝鮮に軍を置き、実効支配を進めている模様。
首脳部が手をつけられない中国軍部が、意図的に軍を駐留させている可能性も。

韓国紙・朝鮮日報(Chosun Ilbo)は15日、北朝鮮の経済特区で、日本海に面する羅先(ラソン、Rason)市に中国が軍を駐留させる方向で、両国が協議をしていると報じた。

 韓国大統領府高官が匿名で、中国と北朝鮮が最近、「中国が羅先で投資した港湾施設などを警備するため、少数の中国軍を駐留させることについて協議した」と明かした。

 この高官は目的について、羅先経済特区の港湾施設や中国人を保護するためだとしているが、羅先は日本海に面しており、別の高官は、北朝鮮で有事が発生した場合に中国軍が介入しやすくなると指摘している。

 韓国大統領府の報道官は、この動きに関する情報は得ていないとしており、また中国国防省もAFPの取材に答えていない。

 北朝鮮の核開発計画をめぐり、同国と米国、またその同盟国の対立が大きくなる中、中国は2008年に羅先の港湾施設の使用権を獲得し、日本海への出口を確保した。実行に移されれば中国軍の駐留は、1994年に朝鮮戦争の軍事休戦委員会(Military Armistice Commission)から中国軍が撤退して以来だという。

 韓国外交通商省の南柱洪(ナム・ジュホン、Nam Joo-Hong)国際安保大使は、「中国が避けたがっている最悪のシナリオは、北朝鮮が不安定な状況に陥った際に、中国東北部へ大量の難民が流入し、混乱が生じることだ。羅先へ中国軍が駐屯すれば、有事の際に中国が介入しやすくなる」と説明している。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 03:27 | 気になるニュース

果たしてリンジーのシューズは、日本で販売されるのでしょうか!

女優のリンジー・ローハン(Lindsay Lohan)がプロデュースするレギンスブランド「6126」から新たにシューズ・ラインが登場する。

 リンジーは現在、ビジネスパートナーのクリスティ・ケイラー(Kristi Kaylor)と共にシューズ・コレクションの製作に取り組んでいる。デザインは、往年のハリウッド女優風のグラマラスなスタイルに、現代的なエッジを加えたものに仕上がる予定だという。「履き心地がよく、時代を感じさせないデザインがポイント。昼でも夜でも気軽に履けて、クールでシックでグラマラスな気分にしてくれる靴なの」とリンジー。

 クリスティは、「リンジーは写真と素材を持って会議にやってくるの。自分の靴を参考に持ってくることもあるわ。いつも驚くほど準備してくるの」とリンジーの真剣な姿勢を賞賛。また、シューズについて「どれもタイムレスな靴よ。何年も履けるようなニーハイブーツもあるわ」と語った。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 08:32 | 気になるニュース


2010年の地球の平均気温は、2005年と並んで史上最も高かったことが、米海洋大気局(US National Oceanic and Atmospheric Administration、NOAA)が12日に発表した気候変動データによって明らかになった。

 陸上と海上を併せた両年の平均気温は、20世紀平均よりも0.62度高く、統計を取り始めた1880年以降で最も高かった。世界の平均気温は、34年連続で20世紀の平均よりも高い状態が続いている。

こんな事態なのに、CO2削減に消極的なアメリカと中国。

人が快適に感じる温度はいつまで保てるのか不安になってくる。
タグ:NEWS eco
posted by ブログけんさく at 20:08 | 気になるニュース

海外の華やかな芸能の祭典が開催されます。
第68回ゴールデン・グローブ賞(Golden Globe Awards)授賞式を一週間後に控えた米カリフォルニア州ウェストハリウッド(West Hollywood)で9日、アウディ(Audi)と「ジェイ メンデル(J Mendel)」が共催するプレ・パーティが開催された。
 
 会場となったレストラン「cecconi's」には、女優のゾーイ・サルダナ(Zoe Saldana)や、俳優のザック・エフロン(Zac Efron)、女優のソフィア・ブッシュ(Sophia Bush)ら多くのセレブリティが訪れた。

 授賞式は2011年1月16日に開催される。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 11:34 | 気になるニュース

日本のビジネスマンや、観光客が「ホテル取ってなかった!どうしよう?」と言うとき重宝するのが、カプセル型の省スペースで宿泊でき、料金もビジネスホテルより格安とあって利用しやすいカプセルホテルが、中国 北京に登場。
日本の変わった文化?が中国でも受け入れられるのか、挑戦するらしい。

中国・上海(Shanghai)の上海駅近くに、前週末、同国初のカプセルホテルがオープンした。

 英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)によると、全68室のカプセルルームは、カプセルホテル発祥の地である日本から輸入され、コンセント、時計、テレビ、無線LANなどが装備されている。なおオーナーは、日本のカプセルホテルに勤務した経験があるという。

 男性専用で、料金は10時間が68元(約850円)、24時間が88元(約1100円)。上海は、来月の春節休暇中、多くの観光客が見込まれている。

カプセルホテル全国版


ビジネスホテルガイド全国版

タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 08:20 | 気になるニュース

2011年1月13日 新年早々南半球で異常気象が発生中。なんとオーストラリアで大水害が発生しているのです。
その被害は甚大で、1万2千世帯が床上浸水するとの見方が強まっている。

オーストラリア北東部の大洪水は13日、同国第3の都市ブリスベーン(Brisbane)に到達した。同日早朝、市内中心部を流れるブリスベーン川(Brisbane River)の水位が4.46メートルに達し、水上遊歩道「リバーウォーク(Riverwalk)」が鉄砲水で流される被害も出ている。

 水位は、13日までに、1974年の大洪水時の5.4メートルを上回る5.5メートルに達すると予想されていた。水位は予測を約1メートル下回り、川の水位も徐々に下降しつつあるが、当局者は、週末まで水位の高い状態が続くとして注意を促している。

 既に多くの地域が水浸しになっているほか、水上に架けられた長さ300メートルのコンクリート製の遊歩道、リバーウォークが鉄砲水で流された。

 当局者は、水位5.5メートルの場合は2万世帯が床上浸水すると見積もっていたが、水位が予想を1メートル下回ったため、水位4.6メートルの場合は1万1900世帯が床上浸水するとの新たな予想を発表した。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 09:34 | 気になるニュース

インターネット産業を揺るがす事件が多いですね。一時期は誹謗中傷で済んだものの、腐ったかにや、すかすかおせちなど、人の心を傷つける事件が多い昨今ですが、日本だけの被害と思ってはいけない。

ハッキングにより盗まれたアップル(Apple)のiTunes Store用ユーザーアカウントが、中国のネットオークション最大手「淘宝(タオバオ、Taobao)」で販売され、楽曲などのダウンロードに悪用されていると、中国の国営紙・環球時報(Global Times)が6日報じた。

 同紙によると、タオバオ上では、過去数月間でiTunesの不正アカウントが数千件販売された。現在も約5万件が1〜200元(約13〜2500円)で売りに出されているという。また、アカウントを購入したユーザーには24時間以内に使用することが推奨されており、アカウントの持ち主が不正に気づいてクレジットカードを無効にすることが計算されているようだという。

 AFPも、タオバオの複数のショップがiTunesアカウントを約30元(約380円)で売りに出していることを確認した。アップルのオンラインストアで楽曲、ゲーム、映画など30ドル(約2500円)相当をダウンロードできる、とうたっている。さらにタオバオは、「当社は販売された商品に関する法的責任を一切負いません。また、商品の信頼性は保証の限りではありません」との免責条項も掲載している。

 タオバオは6日、AFPに、利用者の権利を守るために必要なすべての措置をとる方針だとする書簡を送付してきた。広告の削除については、正式な要請がなければできないという。

 専門家によると、クレジットカード番号が登録されている海外ユーザーのiTunesアカウントを盗むケースもあれば、海外のクレジットカード情報を盗んでiTunesアカウントに登録し、販売するケースもあるという。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 20:53 | 気になるニュース

野生のホッキョクグマとサンドイッチ?

ノルウェーのスバルバル(Svalbard)諸島で、同国の冒険家がホッキョクグマと一緒にサーモンサンドイッチを食べる動画が、5日公開された。

 ラグナル・ソアセス(Ragnar Thorseth)さんは「マヨネーズのついたサーモンサンドイッチをクマにあげたよ」と動画の中で語る。ソアセスさんは、本来はホッキョクグマ猟のために作られた船のデッキからホッキョクグマにサンドイッチを与えた。

 この動画は、もともと20年以上前に撮影されたもの。キャンプ・アウトドア専門のウェブサイトが5日に初めて公開した。

「人や他の動物の気持ちを読めるように、ホッキョクグマの気持ちを推測できる。攻撃的になっているのか?お腹がすいているのか?僕を傷つけようとしているのか?」と話すソアセスさんは動画の冒頭で「このクマは危険じゃない」仲間たちに請け合う。「野生にはホッキョクグマを食べる動物はいないので、別のホッキョクグマにおびえるときを除けば、ホッキョクグマが恐怖を感じることはほとんどない」

 ホッキョクグマは、地球温暖化による北極の氷の減少が原因で絶滅が危ぐされており、米地質調査所(US Geological Survey)は2050年までにホッキョクグマの個体数は現在の2万〜2万5000頭から、3分の1に減少する恐れがあるとしている。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 09:53 | 気になるニュース


原油に依存しなくてはいけない全世界経済。幾らECOといえども工業活動に原油は不可欠なのが実態。
アメリカ・中国双方は結局、京都議定書に参加もせず自国のみの利益追従型。
新しい枠組みにも温暖化をとめる手段をとらないのが見え隠れしている。

2010年4月に米メキシコ湾(Gulf of Mexico)で起きた原油流出事故の原因を調べていた大統領委員会は5日、報告書の一部を公表した。関係各社が十分な管理をしていれば、事故はほぼ確実に防ぐことができたとしている。報告書全文は来週公表される予定。

 前年4月20日に石油掘削施設ディープウォーター・ホライズン(Deepwater Horizon)で大きな爆発が発生し、11人が死亡した。その後3か月にわたって原油490万バレルがメキシコ湾に流出した。バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は7人からなる委員会を設置し、事故原因の調査にあたらせていた。

 この事故で水没したディープウォーター・ホライズンはスイスに本拠を置くトランスオーシャン(Transocean)が所有し、英エネルギー大手BPにリースされていた。米国の油田サービス大手ハリバートン(Halliburton)が、掘削した穴の内側にセメントを使って内枠をつける作業などを行っていた。

■石油業界と政府、双方に問題

 報告書は「(事故は)BP、ハリバートン、トランスオーシャンのいくつかの過失が重なって起きた。これを防ぐために必要な権限、体制、専門的技術が政府の規制当局に欠けていた」とした。

 また事故の根本的な原因は「システミックなもので、石油業界と政府の双方に十分な改善がみられないことから、同様の事故が再び起きる恐れがある。意図的であったかどうかは別にして、BP、ハリバートン、トランスオーシャンの3社が下した数多くの決定によって原油流出リスクが高まった一方、3社が相当の時間(と費用)を節約したのは明らかだ」としている。

■「ほぼ確実に防止できた」

 特に、「リスク要因を把握して評価し、関係者に連絡して適切に対処するという業務に関わる担当者たちの能力向上に(3社が)取り組んでいれば、この事故はほぼ確実に防止できただろう」としている。

 大統領委の副委員長、ボブ・グラハム(Bob Graham)元上院議員は、「事故は防止できたはずだということが分かり、悲劇的な感情が強まるばかりだ。関係各社が安全を最優先し、政府の担当部門が十分な能力と世界水準の安全基準を要求する意思を持っていれば事故は起きなかったはずだ」と述べた。

原油に頼らない商品開発が今後の課題となりそうだ。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 09:18 | 気になるニュース
日本スキー発祥地として新潟県中頸城郡高田町(現上越市)で明治44年1月12日にオーストリア陸軍のテオドール・エードラー・フォン・レルヒ少佐が、伝えたとされるが、実は札幌は2年早かったことがわかった。

1909年 明治42年、東北帝国大学農科大学(現北海道大学)予科ドイツ語講師ハンス・コラーによって札幌に一台のスキーが導入され、学生たちが大学構内でスキーを始めたのが、もっとも古い記録だとわかった。

1911年 明治44年2月、北大の学生たちが札幌の馬そり屋で4〜5台のスキーをつくり三角山で滑った。これが三角山でのスキーの草分けである。この三角山がスキージャンプ発祥の地となった。
それよりも以前のスキーと言うと、日本発のスキーはそれ以前で、北海道が発祥の地であるということがわかる。これが事実なら100年以上も前から使われていたことがわかる。

以下間宮林蔵関連の記事
間宮林蔵(まみや・りんぞう)が見たスキー
 江戸時代後期、間宮林蔵が樺太探検をした際の報告書『北蝦夷図説』(1808年)に、スキーに似た雪具をつけた人の図が描かれています。これが、日本初のスキーに関する記述と思われます。
 また、雪の坂を滑る遊びは、古くから行われていたものと思われます。1854(安政元)年、箱館御役所から「げろり、そりで坂すべりをする子供遊びは、危険なのでやめるように」というお触書が出された記録があります。この「げろり」とは、下駄の裏側に竹や鉄の棒を取り付けた「下駄そり」のことで、昭和 30年代までは遊ばれていたようです。
関連リンク
札幌大倉山展望台

北海道デジタル図鑑
posted by ブログけんさく at 08:35 | 気になるニュース
  • プラソニエ アクア毛穴クリーンですっきり小鼻
  • Rita ファンタスティック メイクブラシセット