ブログけんさくで本当のブログを紹介。役に立つブログが見つからなければブログけんさくで


勇気を与えてくれるスケーティング!!
2011世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2011)第4日は28日、モスクワで男子シングル・フリースケーティング(FS)が行われ、前日のショートプログラム(SP)で1位のパトリック・チャン(Patrick Chan、カナダ)が187.96点を記録し、合計280.98点で初優勝を果たした。

 SPで世界歴代最高得点の93.02点を記録したチャンは、FS、合計点でも世界歴代最高得点を更新した。

 2位には合計258.41点で日本の小塚崇彦(Takahiko Kozuka)、3位には合計241.86点でロシアのアルトゥール・ガチンスキー(Artur Gachinski)が入った。

 SPで6位の小塚はFSで2位となる180.79点を記録した。

 前回覇者の高橋大輔(Daisuke Takahashi、日本)はスケート靴のトラブルがあり、合計232.97点で5位、SP2位の織田信成(Nobunari Oda、日本)は合計232.50点で6位だった。

頑張れ日本
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 04:46 | 気になるニュース

SONYさんが、初のタブレット端末2機種を今年秋以降に発売すると発表した。

 発表されたタブレット端末の開発コードネームは「S1」と「S2」。両機種ともOSにAndroid 3.0を採用し、「S1」はスレート型で、画面は9.4インチの1画面、「S2」は折りたたみ型で5.5インチサイズの2画面。

 いずれも同社のゲーム機、プレーステーション(PlayStation)に対応しており、ネット上のコンテンツや、ダウンロードした動画、音楽などを楽しむことができるという。発売は2011年秋以降の予定で、価格は明らかにされていない。

iPadより価格は安くなるのでしょうか。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 10:15 | 気になるニュース


東日本大震災だから早期に実現してもらいたいwiiの好景気後継機。日本の企業なら頑張って欲しいものだ。世界意通じるGAME機だけに・・・。

任天堂(Nintendo)は2011年4月25日、人気の家庭用ゲーム機「Wii」の後継機種を来年発売すると発表した。一方で任天堂が同日発表した2011年3月期決算は、円高や携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」の発売が遅かったことなどから大幅に落ち込み、純利益が前期比66.1%減の776億円となった。

 任天堂は、6月に米ロサンゼルス(Los Angeles)で開かれるゲーム見本市「エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ(E3)」で、新機種を披露するという。

 また、11年3月期の営業利益は前期比52.0%減の1711億円で、売上高は同29.3%減の1兆100億円となった。米国、欧州、日本の各市場で、ゲーム機とゲームソフトの両方の売上が大幅に減少した。

 任天堂は、2012年3月期は純利益が前期比41.7%増の1100億円、営業利益が同2.3%増の1750億円、売上高が同8.4%増の1兆1000億円となり業績が回復するとの見通しを立てているが、3月11日の東日本大震災の発生を受けて、日本市場で消費が落ち込む可能性もあると予想している。

大人の都合もあるだろうが、子ども優位に考えられなければ、東日本大震災の復興への寄与どころか、海外逃避を考慮している日本企業の象徴よりも、早期の経済回復の火付け役となってもらいたいものだ。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 23:31 | 気になるニュース


ローマ法王ベネディクト16世(Pope Benedict XVI)は24日、恒例の復活祭(イースター)の祝福で、混迷を深める北アフリカ・中東情勢とともに、東日本大震災に苦しむ日本に向けてメッセージを送った。

 バチカンのサンピエトロ広場(St Peter's Square)を埋め尽くした信者らを前に、ローマ法王はリビア情勢について、武力ではなく「外交と対話」による解決を呼びかけた。混沌とする北アフリカ・中東情勢については、「若者を中心とする全ての市民が共通の善を推進する役目を果たすよう」望むと述べた。

ローマ法王のみならず、世界から暖かいメッセージなど多数寄せられています。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 14:59 | 気になるニュース

10年後火星旅行にいけるとしたら、あなたは行ってみたいと思いますか?

米国の民間宇宙開発ベンチャー、スペース・エクスポラレーション・テクノロジース(Space Exploration Technologies Corporation、通称「スペースX(SpaceX)」)のイーロン・マスク(Elon Musk)CEOは、23日の米紙ウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal)掲載インタビューで、10〜20年以内に火星への有人飛行を実現させたいと語った。

「3年以内に(当社として)初めて人類を宇宙に送り、それから火星を目指す。早ければ10年後、遅くとも15〜20年後になるだろう」

 カリフォルニア(California)を拠点とするスペースXは、米2大民間宇宙開発企業の1つで、インターネット事業で財を成した南アフリカ出身のマスク氏が2002年に設立した。米航空宇宙局(NASA)から7500万ドル(約62億円)の資金供与を受けて、スペースシャトルに代わる宇宙船開発に取り組んでおり、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を輸送するコンテナの受注企業でもある。昨年には、無人宇宙カプセルの軌道投入と帰還の初試験を成功させた。

 1981年に始まった米国のスペースシャトル計画は、次週の「エンデバー(Endeavour)」と6月の「アトランティス(Atlantis)」の打ち上げで、全て終了する。米政府には、その後の宇宙船開発を民間企業の手に委ねたい思惑がある。

 マスク氏は、「わが社の目的は、人間と物資を他の惑星まで輸送し帰還させられる技術を開発すること。実際に行きたいかどうかは、その人次第だ」と語った。「人類が宇宙に乗り出して星々を探検する、そんな素晴らしくスリルに満ち、想像力をかき立てる未来を、われわれの手で実現させたい」

 スペースXは今月初め、打ち上げ用ロケット「ファルコンヘビー(Falcon Heavy)」を公開した。マスク氏によるとこれは世界でも最重量級のロケットで、2012年に第1回の打ち上げデモンストレーションを行う予定。「ファルコンヘビー」は、スペースシャトルの倍以上にあたる重量53トン以上の衛星や宇宙船を軌道投入できるという。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 12:49 | 気になるニュース
ナゴヤドームで開催されたAKB48のニューシングルの記念イベントで、前田敦子(まえだ あつこ)さんがソロデビューすることが発表。デビュー曲の名は「Flower」(2011年6月22日発売予定)

デビュー曲は「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の挿入歌で使われています。
メンバーと約2万人のAKBファンからは、暖かい声とともに祝福!
映画に使われる楽曲について自らも喜びを隠せずにいました。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 04:14 | 気になるニュース

前年8月、チリ北部コピアポ(Copiapo)近郊のサンホセ(San Jose)鉱山で発生した落盤事故で地下に閉じ込められ、69日後に救出された33人の作業員の1人ヨニ・バリオス(Yonni Barrios)さん(51)が、鉱山作業員に多い珪(けい)肺症にかかっていることが明らかになった。バリオスさんが現地紙ラス・ウルティマス・ノティシアス(Las Ultimas Noticias)に語った。

 バリオスさんは、チリの労働安全当局が行った健康診断で病気が分かったと述べるとともに、「珪肺症は私ぐらいの年齢で見つかることが多い。進行性の病気なので、このまま定年を迎えられるか、それとも死んでしまうのか分からない」と語った。

 30年の経験がある鉱山作業員のバリオスさんは基本的な医療の知識も持っていたため、8月5日の事故発生から10月13日に救出されるまで、仲間たちの健康状態を記録し、時には予防注射をするなど看護師のような役割を果たしていた。妻と愛人が現れたことでも話題になった。

 珪肺症は鉱山で長期間にわたって結晶シリカのちりに暴露されることで発症する肺の病気。吸い込んだちりが肺にたまって呼吸が困難になる。病状がどの程度重くなるかは肺が受けた損傷によって異なる。救出直後の健康診断で、マリオ・ゴメス(Mario Gomez)さんとマリオ・セプルベダ(Mario Sepulveda)さんも珪肺症にかかっていたことが分かっている。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 12:55 | 気になるニュース

来日中のオーストラリアのジュリア・ギラード(Julia Gillard)首相は23日、東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県南三陸町を訪れた。ギラード首相は21日に復興支援への協力として、自然資源やレアアース(希土類)などの安定供給を約束した。
また、被災地を訪れたギラート首相は、子ども達と話込むシーンもあった。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 18:34 | 気になるニュース

韓国の携帯電話大手KTは2011年4月20日、子どもの遊び相手になれるロボット「キボット(Kibot)」を発表した。

 サルの外見をしたキボットは身長約20センチで、ディスプレイパネルを搭載。本を読む、歌う、オンラインゲームで遊ぶなどができ、電子カードを顔にかざせば、親とのテレビ電話も可能になる。対象年齢は3〜7歳。

「遊ぼうよ!」と呼びかけるなど、いくつかの言葉を話せる。例えば、体を軽くたたくと「気持ちいい!」と答えてくれる。ほおを紅潮させ、首をかしげながら、ぐるぐる回ることもできる。

 カメラを内蔵しているため、携帯電話を使って離れた場所から子どもを監視できるなど、親にとってもありがたい存在となりそうだ。

 価格は48万5000ウォン(約3万7000円)で、別途通話料がかかる。

何でもかんでも他人任せ、基、ロボット任せの新時代の到来。なんともいえない。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 12:46 | 気になるニュース


フランス東部アムネビル(Amneville)の動物園で3匹のカンガルーの赤ちゃんが生まれ、お母さんの袋のなかですくすくと育っている。

カンガルーのキャラクター
ボクシング・カンガルー

  カンガルー・スキッピー - カンガルーが主役のテレビドラマ

  パタパタくん - カンガルーの着ぐるみで人気のCMキャラクター

  ブルーカンガルー - エマ・チチェスタークラーク作、まつかわまゆみ訳の絵本

  ロジャー - 鉄拳(ゲーム)の登場人物

  のってカンガルー - 日産自動車試乗キャンペーンのキャラクター
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 03:23 | 気になるニュース