ブログけんさくで本当のブログを紹介。役に立つブログが見つからなければブログけんさくで

スポンサードリンク


韓国と北朝鮮の問題は、2国だけの問題ではない。
北朝鮮の軍部による、クーデタの可能性もあるのではないでしょうか?(論)

【5月20日 AFP】韓国海軍の水兵ら46人が死亡した哨戒艦「天安(チョンアン、Cheonan)」の沈没の原因について、同国の民軍合同調査団が「北朝鮮の魚雷攻撃」だったと結論付けたが、韓国政府が北朝鮮への報復を望んでも適切な選択肢は、特に中国が傍観的な態度を維持した場合には、ほとんどないと評論家らはみている。

 韓国以外の専門家も加わった調査団は3月26日の爆発・沈没について、「決定的物証」などから総合的に判断し、哨戒艦は北朝鮮の小型潜水艇から発射された魚雷によって破壊されたと結論づけた。

 韓国は全面戦争を引き起こす恐れから軍事行動による報復は選択肢から排除しているとみられるが、国連安保理(United Nations Security Council)に新たな対北朝鮮制裁を提起する方針をすでに明らかにしている。

■中国の動向が鍵

 AFPの取材に答えた韓国・東国大学(Dongguk University)のキム・ヨンヒュン(Kim Yong-Hyun)教授は、北朝鮮の潜水艇がどうやって韓国の領海に潜入し、哨戒艦を攻撃した後に帰港したのかについて調査団は説得力のある証拠を示していないため、中国は納得しないだろうと予測する。そして中国が国連制裁を支持しなければ、韓国政府が持つ有効な選択肢はそう多くないとみる。

「全面戦争突入」の脅威は言葉の上の誇張でしかない、と否定しながらもキム教授は、北朝鮮側が緊張をさらに高め、黄海(Yellow Sea)の北方限界線(NLL)付近での砲撃や、短距離ミサイル実験などを再開させる可能性は十分にあると語った。

■新たな瀬戸際政策の始まり?

 またソウル(Seoul)にある北朝鮮大学院大学(University of North Korean Studies)の梁茂進(ヤン・ムジン、Yang Moo-Jin)教授も、国連安保理の制裁を中国が支持することはないと予測する。「米議会は北朝鮮をテロ支援国家に再指定するかもしれないが、そうした事態になれば、北は大陸弾道間ミサイルの開発と3回目の核実験で対抗するだろう」

 梁教授は米国と中国に、韓国軍哨戒艦の沈没と北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の再開は切り離して考えるべきで、「地域の冷戦」を復活させないためにも落ち着いて事態に対処しなければならないと忠告する。

 保守派の米シンクタンク「ヘリテージ財団(Heritage Foundation)」の専門家、ブルース・クリンガー(Bruce Klingner)氏は、6か国協議は「すでに生命維持装置を付けられたような状態だったが、哨戒艦沈没の調査結果によって、ついに死んでしまった」と悲観的な見方を示した。さらにクリンガー氏は、 11月にソウルで開催が予定される主要20か国・地域(G20)サミットへ向け、緊張を高めようと狙う北朝鮮にとって、哨戒艦の沈没はほんの前哨戦かもしれないと警鐘を鳴らした。(c)AFP/Park Chan-Kyong【5月20日 AFP】韓国海軍の水兵ら46人が死亡した哨戒艦「天安(チョンアン、Cheonan)」の沈没の原因について、同国の民軍合同調査団が「北朝鮮の魚雷攻撃」だったと結論付けたが、韓国政府が北朝鮮への報復を望んでも適切な選択肢は、特に中国が傍観的な態度を維持した場合には、ほとんどないと評論家らはみている。

 韓国以外の専門家も加わった調査団は3月26日の爆発・沈没について、「決定的物証」などから総合的に判断し、哨戒艦は北朝鮮の小型潜水艇から発射された魚雷によって破壊されたと結論づけた。

 韓国は全面戦争を引き起こす恐れから軍事行動による報復は選択肢から排除しているとみられるが、国連安保理(United Nations Security Council)に新たな対北朝鮮制裁を提起する方針をすでに明らかにしている。

■中国の動向が鍵

 AFPの取材に答えた韓国・東国大学(Dongguk University)のキム・ヨンヒュン(Kim Yong-Hyun)教授は、北朝鮮の潜水艇がどうやって韓国の領海に潜入し、哨戒艦を攻撃した後に帰港したのかについて調査団は説得力のある証拠を示していないため、中国は納得しないだろうと予測する。そして中国が国連制裁を支持しなければ、韓国政府が持つ有効な選択肢はそう多くないとみる。

「全面戦争突入」の脅威は言葉の上の誇張でしかない、と否定しながらもキム教授は、北朝鮮側が緊張をさらに高め、黄海(Yellow Sea)の北方限界線(NLL)付近での砲撃や、短距離ミサイル実験などを再開させる可能性は十分にあると語った。

■新たな瀬戸際政策の始まり?

 またソウル(Seoul)にある北朝鮮大学院大学(University of North Korean Studies)の梁茂進(ヤン・ムジン、Yang Moo-Jin)教授も、国連安保理の制裁を中国が支持することはないと予測する。「米議会は北朝鮮をテロ支援国家に再指定するかもしれないが、そうした事態になれば、北は大陸弾道間ミサイルの開発と3回目の核実験で対抗するだろう」

 梁教授は米国と中国に、韓国軍哨戒艦の沈没と北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の再開は切り離して考えるべきで、「地域の冷戦」を復活させないためにも落ち着いて事態に対処しなければならないと忠告する。

 保守派の米シンクタンク「ヘリテージ財団(Heritage Foundation)」の専門家、ブルース・クリンガー(Bruce Klingner)氏は、6か国協議は「すでに生命維持装置を付けられたような状態だったが、哨戒艦沈没の調査結果によって、ついに死んでしまった」と悲観的な見方を示した。さらにクリンガー氏は、 11月にソウルで開催が予定される主要20か国・地域(G20)サミットへ向け、緊張を高めようと狙う北朝鮮にとって、哨戒艦の沈没はほんの前哨戦かもしれないと警鐘を鳴らした。(c)AFP/Park Chan-Kyong
posted by ブログけんさく at 17:09 | 気になるニュース
米ロックバンド、メタリカ(Metallica)が22日、イスラエルのテルアビブ(Tel Aviv)で「ワールド・マグネティック・ツアー(World Magnetic Tour)」の公演を行った。写真は、ステージでパフォーマンスを披露するボーカルのジェイムズ・ヘットフィールド(James Hetfield、2010年5月22日撮影)。(c)AFP/JACK GUEZ

タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 14:36 | 気になるニュース
ヨーロッパの経済不安が継続している中、メキシコ湾での原油流出が今尚、続いている。その流出している原油が、着実にヨーロッパへ向かっているのが、衛星画像から確認されています。


posted by ブログけんさく at 07:47 | 気になるニュース
日本でもおなじみのLady Gagaさん。

PARIで派手な衣装?を披露。観客を魅了しました。

日本人でたとえるとどなたになるのでしょうか?

posted by ブログけんさく at 08:52 | 気になるニュース
某政権が積み重ねに積み重ねたてきた時代を、終わりにするときがきたようです。
約200兆円にも及ぶ日本国の借金は、国民一人当たり500万円から700万円になるとも言われています。
「収入にあわせた計画を・・・。」と言うコマーシャル。

収入に見合った予算を作るべきだった。
予算に合わせるのではなく、収入に合わせる政策や事業を行うべきだろう。(民主政権で実現してもらいたい)

借金も財産のうちと皮肉のような言葉もあるが、ギリシャ問題でかすれつつある、日本の債務超過問題。
ギリシャより債務が大きく、世界に与える経済での影響は莫大になりそう。

世界経済の回復はアジアが握っているため、国にやってくださいではなく、国のためにできることを探すべきではないだろうか。

ブログの殿堂

タグ:NEWS Japan
posted by ブログけんさく at 07:18 | 気になるニュース
日本でもおなじみのナオミ・キャンベル。

なんと!カンヌ国際映画祭に現れた模様です。

レディガガに負けじと見事なファッションを披露しました。

posted by ブログけんさく at 19:04 | 気になるニュース
アイスランドの火山噴火で、火山灰が多くの人を困惑させている中、火山灰を販売しその収益は、寄付をしている。

ビジネスも発想の転換が大事だと思います。

ネットショップもやはり発想の転換が必要なのだろうか

ブログランキング

タグ:ヨーロッパ
posted by ブログけんさく at 08:07 | 気になるニュース
国民投票権の記念日であるが、自民党が安部内閣時代に可決したこの法案にたいし、民主党が政権をとったことに反論の意味をこめてなのだろうか、野党5党で国会を退席した。

安部内閣時代に強行採決したのになぜだろう?

自ら立案した法律が誤っていたことを認めたのだろう。

自民党にとって意味の無い欠席となった。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 00:47 | 気になるニュース
こども手当で、捻じ曲げた報道が多い。

そもそも今までは児童手当が5000円から10000円の範囲で支給されていました。

これから見ると、支給額は13000円となり、自民党政権時より増大するのに、そのことについて報道されていない。

あくまで、民主党作成のマニュフェストによると26000円程度とされているが、マニュフェストでうたっているから守るのは必然だというよりも、ココまでできたことを国民に知らせるべきだろうと思う。

自民党の付け、すなわち今までの政権の過去と比べなければいけないのではなかろうか。
posted by ブログけんさく at 08:36 | 気になるニュース
2010/5/18 ガソリン価格の上昇が止まらない。
ガソリンの元となる原油の値段は、リーマンショック以前より安いのが現状。
日本国内の石油卸会社が値上げしていることがわかった。

この値上げは、ハイブリッドカーや電気自動車の普及により、ガソリンの消費が低迷するため、今のうちにガソリンで売り上げをおいておきたい公算だという。

消費者にしわ寄せする、石油卸会社の今後の運営は注視していかなくてはいけないと思います。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 07:25 | 気になるニュース
  • プラソニエ アクア毛穴クリーンですっきり小鼻
  • Rita ファンタスティック メイクブラシセット
  • ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。