ブログけんさくで本当のブログを紹介。役に立つブログが見つからなければブログけんさくで

某政権が積み重ねに積み重ねたてきた時代を、終わりにするときがきたようです。
約200兆円にも及ぶ日本国の借金は、国民一人当たり500万円から700万円になるとも言われています。
「収入にあわせた計画を・・・。」と言うコマーシャル。

収入に見合った予算を作るべきだった。
予算に合わせるのではなく、収入に合わせる政策や事業を行うべきだろう。(民主政権で実現してもらいたい)

借金も財産のうちと皮肉のような言葉もあるが、ギリシャ問題でかすれつつある、日本の債務超過問題。
ギリシャより債務が大きく、世界に与える経済での影響は莫大になりそう。

世界経済の回復はアジアが握っているため、国にやってくださいではなく、国のためにできることを探すべきではないだろうか。

ブログの殿堂

タグ:NEWS Japan
posted by ブログけんさく at 07:18 | 気になるニュース
日本でもおなじみのナオミ・キャンベル。

なんと!カンヌ国際映画祭に現れた模様です。

レディガガに負けじと見事なファッションを披露しました。

posted by ブログけんさく at 19:04 | 気になるニュース
アイスランドの火山噴火で、火山灰が多くの人を困惑させている中、火山灰を販売しその収益は、寄付をしている。

ビジネスも発想の転換が大事だと思います。

ネットショップもやはり発想の転換が必要なのだろうか

ブログランキング

タグ:ヨーロッパ
posted by ブログけんさく at 08:07 | 気になるニュース
国民投票権の記念日であるが、自民党が安部内閣時代に可決したこの法案にたいし、民主党が政権をとったことに反論の意味をこめてなのだろうか、野党5党で国会を退席した。

安部内閣時代に強行採決したのになぜだろう?

自ら立案した法律が誤っていたことを認めたのだろう。

自民党にとって意味の無い欠席となった。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 00:47 | 気になるニュース
こども手当で、捻じ曲げた報道が多い。

そもそも今までは児童手当が5000円から10000円の範囲で支給されていました。

これから見ると、支給額は13000円となり、自民党政権時より増大するのに、そのことについて報道されていない。

あくまで、民主党作成のマニュフェストによると26000円程度とされているが、マニュフェストでうたっているから守るのは必然だというよりも、ココまでできたことを国民に知らせるべきだろうと思う。

自民党の付け、すなわち今までの政権の過去と比べなければいけないのではなかろうか。
posted by ブログけんさく at 08:36 | 気になるニュース
2010/5/18 ガソリン価格の上昇が止まらない。
ガソリンの元となる原油の値段は、リーマンショック以前より安いのが現状。
日本国内の石油卸会社が値上げしていることがわかった。

この値上げは、ハイブリッドカーや電気自動車の普及により、ガソリンの消費が低迷するため、今のうちにガソリンで売り上げをおいておきたい公算だという。

消費者にしわ寄せする、石油卸会社の今後の運営は注視していかなくてはいけないと思います。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 07:25 | 気になるニュース
中国特需?で少なからず景気が上向いてきた、気がする。

がしかし潤っているのは、会社経営陣のみで、一般の社員が潤うまで後数年かかるでしょう。



自動車や電機など国内主要企業の2010年3月期決算は、増収増益や黒字転換見込みが相次ぎ、世界的な不況からの回復基調が鮮明となった。背景には、コスト削減や徹底したリストラ、国内総生産(GDP)の回復基調に加え、中国など新興国市場における需要の増大がある。

 特にアジア諸国への輸出は大きな牽引力となっている。企業決算や見通しからは、日本企業がますます新興国市場に頼りつつある現状がはっきり分かると、岡三証券(Okasan Securities)の藤木宏和(Hirokazu Fujiki)投資戦略部主任は分析する。欧米市場をないがしろにしているわけでは決してないが、成長戦略の焦点はアジアに当てられているという。

 日本銀行は、輸出は今後も続くと予想する。しかし、キャピタル・エコノミクス(Capital Economics)のジュリアン・ジェソップ(Julian Jessop)氏は、「日本経済はフル回転し始めた」としつつも、「デフレや財政赤字削減に向けた構造改革がない点など、懸念材料は十分に残っている」と指摘する。

 高齢化で社会保障費はうなぎ上り、さらにデフレがのしかかり、物価が下落すればするほどさらなる値下げを期待して消費者の財布のひもは締まっていく。こうした状況に企業は海外市場に望みをつなぐが、成長著しいアジア市場にも、欧州単一通貨ユーロ圏で拡大する金融不安が影を落とす。

 このまま対ユーロで円高が進めば、営業利益が吹き飛んでしまうため、企業は欧州の経済情勢を注視していると藤木主任は語った。(c)AFP/David Watkins

タグ:NEWS asia
posted by ブログけんさく at 06:33 | 気になるニュース
北海道でしろくまと言うと旭山動物園が全国的に有名ですが、写真は、ヨーロッパのしろくまさんです。

フランス南東部アンティーブ(Antibes)の動物園のプールで泳ぐホッキョクグマ。

 ここには今月6日、ドイツ・ニュルンベルク(Nuremberg)の動物園からメスのフロッケ(Flocke)、ロシアの動物園からオスのラスプーチン(Rasputin)が、繁殖プログラムの一環として引っ越してきた
タグ:北海道
posted by ブログけんさく at 21:58 | 気になるニュース
宮崎県で口諦疫(こうていえき)が感染の増加の一途をたどっています。
各報道を見る限り車両の消毒不足とも想定される。

車両のタイヤの周辺、車体の側面のみの消毒では消毒不足と思われる。

車両下部の消毒を行っていないことが原因なのではないだろうか。

※あくまでも推測でありますので、これが原因と断定するものではありません。
posted by ブログけんさく at 17:55 | 気になるニュース
ユーロ圏の経済危機を受け、にわかにレアメタル(希少金属)のうち金塊で投資を行う方が多くなっています。

ここ数年で価格が上昇し、株やFXから手を引きはじめている投資家も多いとか・・・。

12日の世界の金先物相場は、ギリシャの財政危機がユーロ圏に拡大することへの懸念から、安全資産を求める投資家の資金が流入、各市場で最高値を更新した。

 債務危機拡大の懸念を受け、欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)が発表した1兆ドル(約93億円)規模の緊急支援措置による楽観的反応が消えてユーロ売りが進んだ一方、香港(Hong Kong)では金先物が午前中に一時1オンス=1235.50ドルに達した。その後ロンドン(London)市場でも取引の早い時間帯に1オンス=1239.00ドルをつけた。

 ダウ・ジョーンズ・ニューズワイヤーズ(Dow Jones Newswires)の取材に答えた三菱UFJ信託銀行(Mitsubishi UFJ Trust and Banking)の外国為替チーフディーラーは、ユーロ圏の信用危機の規模について投資家たちは当初考えていたよりずっと大きいと見ており、「誰にも積極的にユーロを買う理由がない」状態だと解説した。


タグ:マネー
posted by ブログけんさく at 11:55 | 気になるニュース
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。