ブログけんさくで本当のブログを紹介。役に立つブログが見つからなければブログけんさくで

都内の丸の内で16日、アパレルメーカー、オンワード樫山(Onward Kashiyama)が24色のポロシャツ2070枚を並べて再現したビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)の自画像が展示されている。大きさは約10メートル四方で作られました。
人間の発想力は、ゴッホもビックリいちゃいますよね!

blogの殿堂

posted by ブログけんさく at 03:43 | 気になるニュース
リビア航空機が墜落した情報が世界中を駆け巡りました。
非常に悲しい事故であります。
誰もが絶望視していたところ、奇跡の生還を果たした少年。
痛ましい事故にもかかわらず、軽症ですんだことが奇跡そのもの。

他の乗員乗客の分まで強く、たくましく生活してもらいたい。

また、亡くなられた方々へ哀悼の意を表します。

日本ブログ村へ

ブログの殿堂
タグ:NEWS 飛行機
posted by ブログけんさく at 10:33 | 気になるニュース
ユーロ圏の経済不安(ギリシャの債務超過・その他数国)がFXの世界を翻弄していますが、アイスランドの噴火もひとつの原因と言われています。

海外では火山噴火を体感することは少なく、火山の噴火の模様を観光する人も多いと言われています。



世界同時株安の再燃にならないよう、ユーロ圏の動性に注意が必要と言えます。
現在ユーロは円に対しやすくなっていますが・・・。
売りに徹してFXで・・・。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 08:31 | 気になるニュース
2010・11年の秋冬モデルが東京コレクションで話題となっています。
今までは、奇抜なカラーなどの作品が多かったが、全体的にシックなカラーをベースとしている作品が多い。
ガールズコレクションもいいが、大人の女性のためのファッションの方が10・11年では人気のデザインとなるでしょう。

posted by ブログけんさく at 16:11 | 気になるニュース
あまり広まっていないTwitterですが、一部ユーザーが迷惑した模様です。

米マイクロブログサービス「ツイッター(Twitter)」で10日、他ユーザーにフォローを強制する不具合が見つかった。

 米ITブログサイト、ギズモード(Gizmodo)は同日朝、ウェブサイト上でツイッター不具合の詳細を説明。米国の人気女性司会者オプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)さんや人気俳優アシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)さんらを、「いとも簡単に」自分のフォロワーにさせる手順を掲載した。

 ツイッター側も不具合を認めたが、これを修正する際に、アカウント上のフォロワー数が一時的にゼロになる事態が発生した。しかし、メッセージの送受信への影響は、今のところ確認されていない。

 この不具合をめぐってツイッターにはジョークがあふれた。テクノロジー系ブログ「Boingboing.net」の編集者Xeni Jardinさんは、「今日のツイッターのフォロワー数のクラッシュは先週の株式市場のクラッシュと同じようなものだね。あっちでは何百万ドルものお金が失われ、こっちでは何百万もの自尊心が傷付けられた」とツイートした。

タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 14:02 | 気になるニュース
相対性理論がなければ、今の豊かな生活はなしえませんでしたよね!
なんとアインシュタインの一般相対性理論を手書きで書かれた手記が、上海万博で公開されているようです。



上海万博(World Expo 2010)で6日、物理学者アルバート・アインシュタイン(Albert Einstein)の「一般相対性理論(General Theory of Relativity)」の手書き原稿が公開された。全46ページのうちの2ページで、エネルギーと質量の等価性を示す有名な関係式「E=mc²」に関する記述も含まれている。

 中国の国営新華社(Xinhua)通信によると、手書き原稿は、イスラエルのユベル・シュタイニッツ(Yuval Steinitz)財務相の手によってイスラエル館に展示された。

 この原稿は、1916年にベルリン(Berlin)にあるアインシュタインの自宅で書き上げられ、その後、 1925年にイスラエルのエルサレム・ヘブライ大学(Hebrew University of Jerusalem)が開校された際に寄贈された。(c)AFP
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 07:54 | 気になるニュース


【4月28日 BON & Corporation】劇団「サラ」とハンソンアートホール(Han-Sung Art Hall)が共同制作した、マ・グァンス(Ma Gwang-Soo)原作の演劇『僕はセクシーな女が好き』の制作発表会が、4月26日午後3時、ソウル鐘路区(チョンノク)大学路(テハンノ)のハンソンアートホール1館にて行われた。

 同作は、米「プレイボーイ(Playboy)」誌でモデルを務めたイ・パニ(Lee Pa-Ni)がキャスティングされ、初めて演劇の舞台に挑戦することで話題を集めている作品。大学の文化祭の期間に、キャンパスで起きたミステリアスな事件を描いており、5月1日から2か月間、ソウルのハンソンアートホール1館にて上演される。(c)BON & Corporation
タグ:韓国
posted by ブログけんさく at 09:43 | 気になるニュース
世界でモーターショーが規模縮小される中で、北京モーターショーはにぎやかに開催されています。

世界各国の有名車種にそっくり?な?デザインで、上海万博で話題となった、「パクリ疑惑」が浮き上がっています。


【4月24日 AFP】北京(Beijing)で23日、「北京モーターショー(Auto China 2010)」が開幕した。同モーターショーには中国の富豪らを魅了しようと高級車メーカーが続々と出展しており、ロールス・ロイス(Rolls Royce)は新型リムジンカー、フェラーリ(Ferrari)は公道走行モデルの最速車種を発表した。

 北京モーターショーには約1000台の自動車が展示された。中国の2009年の新車販売は、富裕層の自動車需要がますます高まっていることや政府による減税などの優遇措置により約1364万台となり、米国を抜いて初めて世界一となった。

 高級車市場は、近年の中国の急成長部門の1つ。ロールス・ロイスのブースでは、900万元(約1億2400万円)の車が、開幕から数時間のうちに2台売れたという。

 ロールス・ロイスのアジア地域責任者、ポール・ハリス(Paul Harris)氏は、「中国人は一生懸命働いており、それに対する報賞を自分に与えるのを好む。そして、自分へのご褒美として最上級なのはロールス・ロイスの車だ」と語った。

 また、ロールス・ロイスの四川省(Sichuan)成都(Chengdu)のマーケティング部門幹部は、「2か月前にも、車に現金を積み込んで新車を買いにきた顧客がいた」と語る。ロールス・ロイスの顧客は「並外れた成功をおさめた」起業家たちで、ロールス・ロイスの高級車を現金で買う人も多いという。同幹部は、中国の人々が「裕福さを示すものを求めている」と語った。(c)AFP/Allison Jackson


タグ:北京 NEWS
posted by ブログけんさく at 07:27 | 気になるニュース
高額な宝石を身にまといませんか?
6億円もするんです。

【4月9日 AFP】香港で7日開かれた競売大手サザビーズ(Sotheby)の競売会で、英宝石商ムセイエフ・ジュエラーズ(Moussaieff Jewellers)が、希少な5.16カラットのペアシェープのブルーダイヤモンドを640万ドル(約5億9500万円)で落札した。

 ダイヤモンドは、名高い宝石コレクション「デビアス・ミレニアム・ジュエルズ・コレクション(De Beers Millennium Jewels Collection)」から競売に出品された初めてのブルーダイヤだった。

 落札価格は落札予想価格の590万ドル(約5億4800万円)を上回ったものの、1カラットあたりの値段では、前年5月、スイス・ジュネーブ(Geneva)で香港の資産家が1050万ドル(約9億7570万円)で落札した7カラットのブルーダイヤに及ばなかった。

 今回のコレクションは、2000年にロンドンのミレニアムドーム(Millennium Dome)に展示されたもので、南アフリカ・トランスバール州(Transvaal)のプレミア鉱山(Premier Diamond Mine)から産出された高品質のブルーダイヤ11点からなる。

 報道によると、プレミア鉱山ではこのような大粒のブルーダイヤは毎年1つしか産出されないという。(c)AFP
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 10:36 | 気になるニュース
エルニーニョ現象は世界的に気候に影響を与えていることは、多くの方がご存知だと思います。

この現象2010年に終息するのでしょうか。



【3月31日 AFP】世界気象機関(World Meteorological Organization、WMO)の気象専門家らは30日、太平洋やアフリカ東部に大損害をもたらす気象現象「エルニーニョ現象」がすでに最盛期を過ぎ、2010年半ばには終息するとの予測を発表した。

 WMOのRupa Koumar Kolli氏は「2010年半ばまでにエルニーニョ現象が終息し、熱帯太平洋でほぼ平年通りの気候が回復するという見通しが最も可能性が高い」と述べた。

 エルニーニョ現象は、ときおり発生する自然現象で、太平洋の中部から東部の海水が温められることで、南米からアフリカ東部までの沿岸部で異常気象となる現象。

 WMOによれば、エルニーニョ現象は前年の11月か12月ごろに最盛期を過ぎたとみられるが、影響は4月から6月まで続く見込みだという。

 2月にはフィリピン政府が、エルニーニョ現象による干ばつで、農産物に4億3300万ドル(約400億円)の被害が出るとの見通しを示していた。また、 2月に発生した米国での猛吹雪や、ブラジルの熱波、メキシコでの洪水、エクアドルの干ばつなどもエルニーニョ現象が原因とされている。(c)AFP
続きを読む
タグ:NEWS COP15 CO2
posted by ブログけんさく at 05:59 | 気になるニュース
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。