ブログけんさくで本当のブログを紹介。役に立つブログが見つからなければブログけんさくで


モナコから提案のあった、クロマグロ問題。輸出禁止を盛り込んだニュースでしたが、中東などの国が反対へと周り決着した。
モナコは提案を提出しない模様。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 06:53 | 気になるニュース
人間と一番古く昔から付き合いのあるワンちゃん。

そのワンちゃんは実は中東のおおかみが祖先ではないかとネイチャーで発表された。

現代のイヌの祖先は、これまで考えられていたように欧州やアジアのオオカミではなく、中東に生息していたオオカミだとする論文が、17日の英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。

 米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of California at Los Angeles、UCLA)の研究チームは、85犬種900匹以上のイヌと、北米、欧州、中東、東アジアに生息する200頭の野生のハイイロオオカミについて、遺伝情報を解析した。

 その結果、イヌ遺伝子の系譜の根元は中東にあることが明らかになった。これは、中東で発掘された1万3000年前のイヌの化石の分析結果と符合するという。 

 また、イヌのゲノム多様性の源は中東に生息するハイイロオオカミにあることもわかった。ただし、進化の初期の段階で、中東以外の場所でもオオカミとの交配が行われたことは明らかだという。

 考古学者らは、長らく、イヌを飼うという習慣は、現在のイラクにある「肥沃な三日月地帯」で、古代の農民や村人たちが家畜や家を守るために使用したのが始まりだと考えてきた。

 実際、中東にある古代の墓地からはイヌの骨が見つかっており、女性の腕の中で丸まっている子犬のものもあったという。(c)AFP

タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 14:49 | 気になるニュース
航空会社のユニフォームは特徴的ですよね。
とても魅力的で好印象をもちます。



【7月6日 AFP】香港の「キャセイパシフィック航空(Cathay Pacific Airways)」が5日、日本就航50周年を記念し都内・六本木ヒルズで“歴代制服ファッションショー”を開催した。ランウェイには現役フライトアテンダントが登場し、 1946年から現在に至るまでの全9種の制服を披露した。

 同ファッションショーは、「2009日本香港観光交流年」を記念し、東京・六本木ヒルズで7月1日から5日まで開催された「香港ウィーク」の一部として行われたもの。(c)AFP

キャセイパシフィック航空 日本のホームページへ

2010年10月17日追記
キャセイパシフィック航空は、2010年10月31日から羽田〜香港線に毎日2便を就航させます。
これは羽田空港の空港拡張に伴う増便が可能となったためです。
ますます使いやすくなるキャセイパシフィック航空ですね。
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 17:22 | 気になるニュース


【3月14日 AFP】中国の温家宝(Wen Jiabao)首相は14日、全国人民代表大会(National People's Congress、全人代=国会)閉幕を受けて記者会見し、最近の米中関係の悪化の責任は米国の側にあり、米国が関係修復に向けた動きを取るべきだと語った。

 温首相は、米国が1月に台湾への64億ドル(約5800億円)の武器売却を決めたことや、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領が2月にダライ・ラマ(Dalai Lama)14世とホワイトハウス(White House)で会談したことは中国の主権侵害に当たると主張した。

 中国でサイバー攻撃を受けた米インターネット検索大手グーグル(Google)が中国事業からの撤退を検討していることや、貿易や為替の問題などで米中関係は悪化している。

 米国は、輸出促進のため中国が意図的に人民元の為替相場を安い水準にしていると主張しており、オバマ大統領は前週、中国に「市場に根ざした」通貨政策を取るよう求めた。温首相は「相手国の非をあげつらったり、強力な手段で自国通貨安を誘導したりすることに、わが国は反対の立場を取る」と述べ、米国の圧力に屈しない姿勢を示した。

 グーグルの問題について質問された温首相は、中国は外国企業に門戸を開いており、政府は国内の企業に対するのと同じ対応をしていると述べるにとどめた。英紙フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)は13日、グーグルは「99.9%」の確率で中国市場から撤退する見通しだと報じている。(c)AFP/Susan Stumme
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 07:08 | 気になるニュース
映画アカデミー賞が終わり、女優さんのファッションチェックが話題となっていますが、比較してもクラッチが流行しています。

アカデミー賞で身につけられたものは、日本で流行すると言われています。

ライバルに差をつけてみてはいかがでしょうか。

男性から見ても優美にみえ、お食事会でも注目の的は確実です。



【3月9日 MODE PRESS】米ロサンゼルスのコダック・シアター(Kodak Theatre)で授賞式、第82回アカデミー賞(Academy Awards)授賞式が開催された。レッドカーペットに登場した女優たちの手元には、パーティには欠かせない華やかなクラッチバッグが輝いていた。

■宝石箱のようなキラキラ・クラッチ

 女優たちに人気だったのは、ドレスやジュエリーにも劣らず視線を奪うキラキラのクラッチ。ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)は白を基調にしたフェミニンなデザイン、ニコール・リッチー(Nicole Richie)は大きめのビジューがハードな印象のものをチョイス。アナ・ケンドリック(Anna Kendrick)とデボラ・アン・ウォール(Deborah Ann Woll)は繊細な模様が施された上品なものを選んだ。

 その他、ヘレン・ミレン(Helen Mirren)、エリザベス・バンクス(Elizabeth Banks)、メリル・ストリープ(Meryl Streep)、クイーン・ラティファ(Queen Latifah)らも、スワロフスキーが敷き詰められたクラッチで華やかさをプラスしていた。

■ドレスに合わせて

 ドレスと同じカラー、素材のクラッチでまとまった印象に仕上げたスタイルも多数。「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」のドレスを選んだ女優のケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)とキャスリン・ビグロー(Kathryn Bigelow)監督は、それぞれのドレスのカラーに合った上品なシルバーグレーのクラッチをコーディネート。ジョージ・クルーニー(George Clooney)の恋人、モデルのエリザベッタ・カナリス(Elisabetta Canalis)は赤で統一した。また、個性的な「プラダ(Prada)」のドレスを選んだキャリー・マリガン(Carey Mulligan)も、ドレスと同じブラックの控えめなクラッチでまとめていた。

 その他、ダイアン・クルーガー(Diane Kruger)は「シャネル(CHANEL)」、シャーリーズ・セロン(Charlize Theron)は「クリスチャン ディオール(Christian Dior)」、とドレスと同じブランドで統一していた。(c)MODE PRESS
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 17:21 | 気になるニュース
全世界を感動に巻き込んだ映画「TITANIC」の主人公ケイト・ウィンスレット夫妻が別居しているようです。



【3月16日 AFP】(一部更新)オスカー女優ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)と映画監督のサム・メンデス(Sam Mendes)が別居していることが明らかになった。夫妻の弁護士が15日、発表した。別居は「友好的で互いの合意に基づく」ものだという。

『愛を読むひと(The Reader)』で2009年のアカデミー賞主演女優賞を獲得したウィンスレットと、『アメリカン・ビューティー(American Beauty)』で2000年の同監督賞を受賞したメンデスは2003年5月に結婚。2人の間には6歳の息子ジョー君と、ウィンスレットと元夫ジム・スレプレトン(Jim Threapleton)との子どもで9歳になる娘のミアちゃんがいる。

 弁護士によれば、2人は今年に入ってから別居。子どもの養育については共同で行っていく予定だという。また、2人はプライバシーの尊重も求めている。

 ウィンスレットは1997年、レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)と共演した『タイタニック(Titanic)』のヒロイン役で世界の注目を浴びた。

 スレプレトンと3年にわたる結婚生活を送ったウィンスレットだったが2001年12月に離婚。2か月後にメンデス監督との交際がスタートした。2002 年に英国で行われたメンデス監督の『ロード・トゥ・パーディション(Road To Perdition)』のプレミア上映会で、2人は公の場で初のツーショットを披露した。

 メンデス監督はケンブリッジ大学(Cambridge University)で学び、映画監督になる前は舞台監督として活動した。ウィンスレットと結婚する前は、女優ジェーン・ホロックス(Jane Horrocks)やレイチェル・ワイズ(Rachel Weisz)との交際が報じられていた。

 ウィンスレットが出演した2008年の『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(Revolutionary Road)』で、メンデス監督はメガホンを取った。監督はこの体験を、「陽気にさせる」ものだったと表現。「自分の知らない妻の一面が見えた」と語っていた。

 1950年代の米国郊外で暮らす1組の夫婦の崩壊を描いたこの作品で、ウィンスレットは再びディカプリオと共演し、ゴールデン・グローブ(Golden Globe)賞主演女優賞を獲得した。

 メンデス監督は今後、23本目となる映画「007」シリーズでメガホンを取ることが決まっており、年内にクランクインするとみられている。

 ハリウッドの「ゴールデン・カップル」と言われることも多かった2人は、ニューヨーク(New York)を拠点にした。パーティーに出るよりも家族との生活を優先。ウィンスレットは昨年、「わたしたちは家族として、ほかの家族と同じ普通のことをしている」と話している。

 ウィンスレットが主演女優賞を受賞した昨年のアカデミー賞授賞式にはメンデス監督も同席したが、今年はウィンスレット1人で出席していた。(c)AFP
タグ:NEWS 映画
posted by ブログけんさく at 11:38 | 気になるニュース
美貌もさることながら、テニスの腕前も一流なシャラポア。
そのシャラポアを超える逸材が出現した。


【3月15日 AFP】テニス、BNPパリバ・オープン(BNP Paribas Open 2010)女子シングルス3回戦。大会第18シードの鄭潔(Zheng Jie、ツェン・ジエ、中国)は、大会第10シードのマリア・シャラポワ(Maria Sharapova、ロシア)と対戦。鄭潔は 6-3、2-6、6-3で勝利し、4回戦に進んだ。

 全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2010)で同国の李娜(Na Li、ナ・リー)とともに準決勝進出を果たした鄭潔は、4回戦でアリシア・モリック(Alicia Molik、オーストラリア)と対戦する。2月のドバイ・テニス選手権(Barclays Dubai Tennis Championships 2010)で鄭潔はモリックに1回戦で敗れている。(c)AFP

タグ:テニス NEWS
posted by ブログけんさく at 07:20 | 気になるニュース
大西洋産や地中海産は輸出入禁止になる見通しですが、養殖なら大丈夫なのだろうか?
日本が最大のクロマグロの輸入国かもしれないが、養殖なら大丈夫なのだろうか?



【3月15日 AFP】人工ふ化から育てた成魚がまた卵を産む「循環型」の供給に道を開く「完全養殖」によるクロマグロが、初めて本格的に輸出される。

 輸出を開始した水産加工会社ブリミー(Burimy、熊本県天草市)によると、これまでクロマグロの供給は遠洋漁業か、漁網で捕獲した稚魚からの養殖のどちらかに頼っていたが初めて、人工ふ化させた卵から成魚に育て、その成魚がまた卵を産むという養殖サイクルで可能になった。枯渇の危機にある海洋のクロマグロを保護しながら、市場の高い需要にも応えられると関係者は期待する。

「われわれのマグロは生態系に影響を与えません。海洋資源の枯渇を防ぐ一助になれば」と、ブリミーの浜隆博(Takahiro Hama)取締役は語る。「今年に入って米国への本格的な出荷を始めました。わたしたちの『地球に優しいマグロ』を、活動家たちの抗議を懸念している寿司バーや日本料理店に使ってもらいたい」

 カタールで現在開催中のワシントン条約締約国会議(Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora、CITES)では、絶滅の恐れがある野生生物として、大西洋・地中海産クロマグロの国際取引を禁止する動きが強まっている。

 大西洋では遠洋漁業による大量捕獲により、ここ数十年でクロマグロの資源量が激減している。この地域で獲れるクロマグロのほとんどが日本向けだ。

 ブリミーは近畿大学(Kinki University)と提携し、同大が人工ふ化した稚魚1500匹を07年12月に導入。2年間で体長約1.2メートル、重さ約40キロの成魚に育て上げた。クロマグロは動きが激しく、いけすでの養殖は困難だったが、同社は大型いけす5基(40メートル四方、深さ約20メートル)に濁った水をはり、マグロの動きを緩和遅め、互いの衝突を減らすことに成功した。

「近大マグロ」と命名されたこの完全養殖のクロマグロは、今年1月から週に20匹ペースでブリミーから米国に輸出されているほか、国内の百貨店などでも1 キロ2000〜4000円前後で販売されている。2年後までに年間7000〜1万匹、約10億円の売り上げを見込んでいる。(c)AFP
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 20:57 | 気になるニュース
バンダイのミニカーがトランスフォーマー?
変形するミニカーの登場だ。


【3月15日 AFP】玩具メーカー、バンダイ(Bandai)は15日、電車やほかの乗り物に「変身」するミニカーの新ブランド「Voov(ブーブ)」を発表した。27日から発売する。(c)AFP
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 19:44 | 気になるニュース
中国に並ぶ新興国のインド。マーケットは拡大の一途をたどっています。
日本企業の製品が、インド市場を着実に視野に入れている。
日本の新技術が受け入れられるか!


【3月13日 AFP】インドのムンバイ(Mumbai)で12日、最新の日本製品を紹介する展示会「フィール・ジャパン・スタイル・イン・インディア(Feel Japan Style in India)」が始まった。

 日本の経済産業省が両国の経済関係の強化を目的に開催したもので、会場に再現されたインドの現代的なアパートの各部屋に最新の日本製品が展示されている。

 来場者は日本製品を実際に手にとって体験することができる。日本政府がインドでこの種のマーケティングイベントを行うのは初めて。会期は15日まで。(c)AFP
タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 16:31 | 気になるニュース