ブログけんさくで本当のブログを紹介。役に立つブログが見つからなければブログけんさくで

ブラジル発ビーチサンダルブランド「ハワイアナス(havaianas)」とコラボレーションした「ハワイアナス バイ ポール & ジョー(havaianas BY PAUL & JOE)」が3月から発売されます。
レディース・メンズともに販売予定で、今年は大人の雰囲気を大事にしましょう。


posted by ブログけんさく at 15:40 | 気になるニュース
イングランド・カーリング杯2009-10(Carling Cup 2009-10)決勝、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)対アストン・ビラ(Aston Villa)。マンチェスター・ユナイテッドは途中出場したウェイン・ルーニー(Wayne Rooney)が決勝点を挙げて2-1で勝利し、2 連覇を飾った。

サッカー界ではブラジル代表で知られる、「ロナウド」が引退を表明したが、南アフリカワールドカップがあり、オリンピックに続きテレビから目が離せない。





posted by ブログけんさく at 11:58 | 気になるニュース
中国が世界をリードする存在となると思う、アメリカ国民の世論調査の結果は約4割を超えていることが明らかとなった。

今や中国マネーは世界に脅威を与えています。


米国人の約半数が、今後世界における米国の役割は縮小し、その代わりに「中国の世紀」が到来すると考えている――。このような世論調査結果が25日公表された。

 調査は、米ワシントンポスト(Washington Post)紙とABCニュース(ABC News)が共同で実施したもので、無作為に選んだ成人1004 人に電話アンケートを行った。

 21世紀における米国の存在感について訪ねたところ、「20世紀よりも小さくなる」との回答は46%で、「大きくなる」の32%を上回った。「変わらない」と答えたのは約20%だった。

 また、43%が21世紀は「中国の世紀になる」と答え、「引き続き米国の世紀になる」との回答は38%だった。

 折しも米中関係は、政治と貿易の両面で摩擦が強まり、不透明度が増している。調査結果から見える米国人の意識には、20年前に日本に対して感じていた脅威と重なる部分があると言える。

 1991年にABCニュースとNHKが共同で実施した世論調査では、米国人の60%が日本の経済力を「脅威」だと答えた。しかしちょうどそのころ、日本はゼロまたはマイナス成長の「失われた10年」に突入しようとしていた。(c)AFP
posted by ブログけんさく at 11:32 | 気になるニュース


第82回アカデミー賞(Academy Awards)授賞式は7日に開催されるが、米ハリウッド(Hollywood)のマダム・タッソー(Madame Tussauds)ろう人形館では、歴代のオスカー受賞者のろう人形40体を集めた企画展「The Celebrity Awards Hall」が開催されている。写真は、ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)のろう人形(2010年2月25日撮影)。(c)AFP/GABRIEL BOUYS

これはニコール・キッドマンにそっくりです。
手先の器用さがすべてなのでしょうか?
タグ:映画
posted by ブログけんさく at 11:10 | 気になるニュース
それにしても「ジョニー・デップ」はかっこいい。

ブログの殿堂


ロンドン(London)・レスタースクエア(Leicester Square)のオデオン・シネマ(Odeon Cinema)で25日、ティム・バートン(Tim Burton)監督の3D映画『アリス・イン・ワンダーランド(Alice in Wonderland)』のワールドプレミアが開催された。オデオンは22日、この映画のDVDリリースを通常より早めることを検討しているディズニー(Disney)に抗議し、英国、アイルランド、イタリアでの劇場公開を中止する意向を明らかにしていたが、プレミアの数時間前にディズニーと和解し、上映中止を撤回した。

写真はワールドプレミアで「グリーンカーペット」に登場したジョニー・デップ(Johnny Depp、2010年2月25日撮影)。(c)AFP/Max NASH



タグ:映画
posted by ブログけんさく at 09:45 | 気になるニュース
ホンダ(Honda Motor)は,スポーツタイプの新小型ハイブリッド車を発表した。26日から国内販売を開始する。今年半ば以降、海外でも販売する。

タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 08:00 | 気になるニュース
チリ沖のM8.8の地震の影響をうけ、日本各地に津波警報や大津波警報が発表されています。
決して海には近づかないようにしてください。
【2月28日 AFP】(一部更新)気象庁は28日午前9時33分、前日チリで発生した地震による津波が沿岸の広い地域に到達する恐れがあるとして津波警報と津波注意報を出した。

 青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県に「大津波の津波警報」が出された。最大で3メートルの津波が到達する恐れがある。

 このほか北海道から沖縄までの太平洋沿岸の広い地域に最大2メートルの津波の恐れがあるとして「津波の津波警報」を出した。

 最初の津波は、北海道東部沿岸と伊豆地方に28日午後1時ごろ到達するおそれがある。

 太平洋津波警報センター(Pacific Tsunami Warning Center、PTWC)は太平洋全域に津波警報を出したが、その後日本とロシアを除いて解除している。しかし、オーストラリアは独自に出した津波警報をまだ解除していない。(c)AFP

タグ:NEWS
posted by ブログけんさく at 11:07 | 気になるニュース
津波警報や津波注意報が出た場合、速やかに高台やビルなどの上層階への非難が必須となります。

決して海には近づいてはいけませんし、満潮時には津波の高さが増す場合があります。

そういった場合、いち早く情報を確認する必要があります。

テレビやラジオまたはインターネットのウェザーニュースを活用することをお勧めします。

ウェザーユース
posted by ブログけんさく at 10:22 | 気になるニュース
何事も人は一人では生きてゆけないですし、譲りあい、分かち合いをすることで、お互いの利益となり、幸せになると言うことでしょう。


【2月25日 AFP】人間は「利己的な遺伝子」を持った生き物かもしれないが、たとえ「身を削る」ことになっても他者と分かち合うことで満足感を得られるとする研究結果が、24日の英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。

 カリフォルニア工科大学(California Institute of Technology)の研究チームは、男性ボランティア20組を対象に実験を行い、磁気共鳴画像装置(MRI)を使って、食べ物、お金、好きな音楽といった好ましい「報酬」に反応する2つの脳の領域を観察した。

■片方は「金持ち」、片方は「貧乏」な実験

 ボランティアはまず30ドルずつを与えられた後、各組ごとにくじ引きを行い、2人のうちの片方がボーナスとして50ドルを受け取った。残る片方は何も受け取らなかった。その後さらに、互いが受け取る金額が分かる状態で、異なる金額を与えていった。

 すると、「貧しい方」が相手より多くの金額を受け取ると、観察対象の脳の領域が反応した。これは予想通りだった。

 ところが驚くべきことに、「豊かな方」の脳も「貧しい方」が金を受け取った時に反応し、しかも反応の強さは自分が受け取った時以上だった。「豊かな方」が自分ももっと金が欲しいと口にした時でさえ、脳は逆の反応を示していたという。

 研究チームはこの結果について、「報酬に関する人間の脳の基本構造は、完全には自己中心的でないことが示された」とし、人間の脳には不公平を嫌う社会的嗜好(しこう)が存在することを示す直接的な神経生物学的証拠を提示したと結論付けている。

 このような反応が先天的なものなのか、後天的なものなのかは不明というが、研究チームは「相手より豊かなことに対する罪悪感が、他の人が金を得ることで緩和されるのではないか」と指摘している。(c)AFP/Marlowe Hood

posted by ブログけんさく at 07:44 | 気になるニュース
Wiiは任天堂を代表するテレビゲームですが、脳卒中疾患にかかった方の機能回復の調査を行ったところ、研究結果が明らかとなりました。
楽しみながら、仮想現実を楽しめる「Wii」だけに、医療の場面でも活躍しそう。




【2月26日 AFP】バーチャル・ゲームによって脳卒中患者の運動機能を回復させることができるかもしれない――。25日開かれた米国脳卒中協会(American Stroke Association)の学会で、任天堂(Nintendo)の家庭用ビデオゲーム機「Wii」を使った研究結果が発表された。

 カナダ・トロント(Toronto)のセントマイケルズ病院(St Michael's Hospital)の研究チームは、2か月ほど前に脳卒中で倒れた経験を持つ20人を対象に、まひした腕を動かして運動機能を改善させる実験を行った。

 患者は2つのグループに分け、一方は「Wii」のゲーム2種類(テニス、料理を練習する「クッキングママ(Cooking Mama)」)を、もう一方はトランプか「ジェンガ」と呼ばれる積み木のバランスゲームを、それぞれ1日8時間、2週間にわたって続けてもらった。

 その結果、Wiiのグループでは有害効果が見られた人は1人もいないどころか、動きのスピードに大幅な改善が見られ、回復の程度も大きかった。トランプとジェンガのグループでは吐き気・めまいを訴える人が1人出現した。
 
 研究チームは、Wiiの効果が高い理由について、Wiiのゲームで求められる「反復される高負荷な動作」と「脳の再編成にかかわる特殊なニューロンを活性化させる動作」が、脳卒中患者の一般的なリハビリで使われる原理と同じである点を指摘している。

 Wiiを脳卒中の治療法として活用する可能性については、すでに大規模かつ無作為な研究が始まっている。(c)AFP
タグ:Wii NEWS
posted by ブログけんさく at 09:04 | 気になるニュース